群策について

群策法律事務所

群策法律事務所は大学時代から親友になった許英傑弁護士、鍾秉憲弁護士、林孟毅弁護士と蘇勝嘉弁護士一緒に創立し、台北市中山区民生東路二段143番九階の台北所と台中市西区台湾大道二段307番二十階之1の台中所を開設しました。チーム全員の心を同じくして、チームワークを活かして、依頼者の皆様のために奮闘しています。

理念と特色

群策法律事務所の弁護士チームは依頼者の利益を最大限に実現することを基本的な理念とし、多様な交渉スキルや救済や交流の道を活かして、最も迅速かつ適切な方法ですべての事件を解決して、依頼者の合法的権利を保護することを求めています。様々な分野において数多くの訴訟案件に長年にわたり蓄積した経験・ノウハウを有効に活用しながら、チーム全員の力を合わせて、最も総合的な観測、最も厳格なペースを確実に歩いてまいります。

当事務所は、ストレスに強くて、熱意にあふれた弁護士チームによって、ご依頼いただいた事件をすべて解決することができます。

業務

群策法律事務所は弁護士一人ひとりが持つ高度な専門性を利用し、チームワークを活かしてリーガルサービスを提供することを理念とするところです。それに、当事務所では自分の能力を制限せずに、伝統的な民事、刑事、行政、非訟の業務のみならず、国際と台湾―中国におけるの商取り引き、投資信託と紛争解決などの業務も行っております。当事務所には、英語や日本語など多くの言語が得意な弁護士を擁し、また各分野の専門家を顧問としてサービスを提供して参ります。